« Saddex 大激戦を制す 72. Gerling-Preis | Main | Aviso、鼻と横に大差の勝利 Mehl-Mülhens-Rennen »

May 01, 2007

1000ギニーだけど・・・・

先週の日曜日には独1000ギニーが行われ、Mi Emmaが異次元の強さで圧勝した・・・・らしい。

実は日曜日に仕事で思った以上に手間取り、ライブを見ることができなかった。まぁ、後でいつもお世話になっているブックメーカーのサイトで動画を見ればいいさと思っていたのだが、なんと、動画のアップロードにミスがあるらしく、何故かそのデュッセルドルフ7Rだけが見られないのである!ひどい・・・・。ほかのドーデモイイレース(失礼)は全部見られるのにな・・・。

記事などによれば、とにかく非の打ち所の無い走りだったようである。ヴェーラー師はアスコットのコロネーションステークスに持っていくつもりらしい。デュッセルとアスコットは相関ありそうなので期待できるだろう。個人的にはその次は中距離に挑戦してほしいと思う。

今日のフランクフルトのダービートライアル、Frühjahrspreis des Bankhaus MetzlerではShrekが勝った。3/4馬身差だが、その字面以上に楽勝だったように思う。彼がまともに走ったのは最後だけ・・・みたいな感じであった。2年前のKönigstigerを思い出した。まだまだ底が見えていない。2着のAxxosもいい馬だけど、最後タレてしまった感じだった。前半もうちょっと落ち着いて走れないとダービーは厳しいだろう。

さて・・今週末はMehl-Mülhens-Rennenである。ペトロザがKaleoに乗るということはヴェーラーの一番馬はPreis der Dreijährigenで勝ったRolling Homeを差し置いて彼だと言うことになる。となると、Busch-Memorial組が上位と陣営は見ているということか。またこのレースは明らかに逃げ馬有利なので、スピードあふれる2歳チャンプMolly Maxもひとたたきされ怖い。これまでも言っているように、Busch-Memorialの勝ち馬がここで高速馬場にやられてコケることが多いので、Davidoffはできれば避けたいところ。Molly Maxがどのくらい行くか、それが問題である。

追記
Kaleo回避、ペトロザはRolling Homeに乗る模様。ズビ騎乗馬なしか??そういえばホファー厩舎もシールゲンほどではないにせよイマイチだよな・・・。

|

« Saddex 大激戦を制す 72. Gerling-Preis | Main | Aviso、鼻と横に大差の勝利 Mehl-Mülhens-Rennen »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/14922227

Listed below are links to weblogs that reference 1000ギニーだけど・・・・:

« Saddex 大激戦を制す 72. Gerling-Preis | Main | Aviso、鼻と横に大差の勝利 Mehl-Mülhens-Rennen »