« Davidoff、一躍表舞台へ Dr. Busch Memorial | Main | 1000ギニーだけど・・・・ »

April 22, 2007

Saddex 大激戦を制す 72. Gerling-Preis

今日のケルンは快晴微風、最高のコンディションであった。
メインのGerling-Preisには昨年のダービー馬と年度代表馬であるSchiaparelliとPrince Floriが登場し、今年の古馬戦線の役者が揃った。

調教での好調が伝えられたSchiaparelliが抜けた一番人気に推され、その後ろにPrince Floriと先日のGrand-Prix Aufgaloppで好走したBussoni、そして重賞未勝利で恵量のSaddexが横並びで人気グループを形成するというのが戦前の見方だった。

パドックで見る限り、確かにSchiaparelliは身の入ったいい馬体をしていた。ただ、私がびっくりしたのはDonaldsonの落ち着きであった。去年の彼はドイツ賞を勝ったものの、狂気的ともいえる気性の持ち主のため、その後はいつもレースする前に終わっているような状態だった。GI馬を去勢するというのはまさしく英断だと思うが、そのおかげで彼?は間違いなく生まれ変わったのであった。彼に賭けるとしたら、ここしかないと思った。

スタートから飛び出したDonaldson、やはり引っ掛かっていくが常識的なレベル(笑)。内枠から行くかと思われたSaddexは番手に控え、もう一頭前に行きそうだったBussoniは馬込みの中でもまれてズルズルと下がってしまった。牝馬La DanciaがSaddexの横にピッタリと張り付いた状態で、Prince Floriはその後ろのいい位置。Schiaparelliはそれを見る形で進む。Bussoniはいったん下げて外に出した。Expensive Dreamは定位置の最後方へ。DonaldsonはSubiと折り合って気持ちよく逃げ、ペースを作る。速めだが、向こう上面で少しペースを落とすことに成功していた。ペースが落ち着いたあたり(3コーナー手前)でBussoniは外をまくっていき、ポジションを上げる。4コーナーではPrince Floriの外まで上がって、直線へ。Donaldsonの手ごたえはいい、SaddexはLa Danciaに内に押し込められる形となり、しかもLa Danciaの手ごたえが悪いため外に出すことができない。Prince Floriも外からBussoniに捲られたので仕掛けが難しくなる。DonaldsonにBussoniが襲い掛かったが、SubiはDonaldsonを合わせていって叩きあいに持ち込む。そのおかげでぽっかりと空いた内にSaddexが潜り込み、Donaldsonを競り落としたBussoniに、最後Prince Floriが外を強襲!しかし、Prince Floriは届いておらず、内のSaddexが首だけ出ていた。
Schiaparelliはまさに後方侭、であった。それほど離されてはいないのだけど、まったく爆発しなかった。

後で見直してみると、ペースが落ち着いて上がりの勝負になっていたと思う。後ろからでは届かないレースだった。Bussoniのデフリースが捲ったのは英断だったし、Schiaparelliは上がりの競馬に対応できなかった、ということになるだろう。Saddexは前が空く幸運もあったが、一瞬の脚があったから抜けられた。強い勝ち方だと思う。Prince Floriの最後の強襲はさすがだった。あと2,3完歩あればまとめて差しきっていただろう。休み明けということもあり勝負どころで少しズブかったか。今年の古馬戦線は去年よりは面白くなりそうである。

その他のレースはまとめて。1Rの未勝利戦にはNext Desertの全弟Next Styleが登場、単元返しの圧倒的人気に応えて楽勝した。彼は間違いなくお兄さんに似ている。ただ、兄のような目力はない。体は兄よりも大きくて素晴らしい素質を秘めている。今回はまだ身がぜんぜん入っていない状態だった。ダービーに間に合うかどうか。また、4Rのハンデ戦で勝ったSassoaloroもかなりの逸材。手先がやわらかくて斬れる脚を使えそう。ダービー路線に乗ってきてもおかしくない。

3RのスプリントではLucky Strikeが敗れるという波乱があった。ただ、仮柵の取れたケルン1200mで外枠から出遅れ、それで最後2着に突っ込んできたのだから、負けて強しというところ。もう9歳だがまだまだやれる。ちなみに勝ったのも9歳のSacho。若いのが情けないという見方もできるな。

6Rのマイルは、Apollo Starが前走を再現するかのような逃走劇で連勝を果たした。終いも良く伸びていて圧勝と言っていい内容だと思う。2着には同着でKönig TurfとMadresal。Madresalはもう8歳で馬体の白さに磨きがかかってきたが、その末脚に衰えはないようだ。König Turfはまだ戻っていない感じ。怪我前は勝負どころでもっとスーッと来たのだが・・・。

|

« Davidoff、一躍表舞台へ Dr. Busch Memorial | Main | 1000ギニーだけど・・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/14817874

Listed below are links to weblogs that reference Saddex 大激戦を制す 72. Gerling-Preis:

« Davidoff、一躍表舞台へ Dr. Busch Memorial | Main | 1000ギニーだけど・・・・ »