« シーズン開幕 | Main | 世代交代の大波を受け止めるアルトマイスターたち リレハンメル »

November 26, 2006

雑感雑感

起き抜けのぼんやりした意識の中見たジャパンカップ。
ディープインパクトがゴール板を駆け抜けた後、驚いたことに、
心臓はバクバクし、そして息をしていなかったことに気づいた。
気づかなかったが、彼が勝つことを本当に望んでいたらしい。
インタビューの武豊も、いつもの飄々とした感じとは違い、感極まっていた。
とにかく、良かった。

レース自体は冷静に考えると、面白くない上がり勝負だったとは言えるが・・。
ディープが負けるとしたらこの馬だろうと思っていたコスモバルクは、折り合いがつくようになって、普通の馬になってしまっていた。

一方、ジャンプの方は散々だったね。
強風、高温による霧、べた雪という三重苦。
結局2日目は1本目途中で中止になってしまった。

それでも、映像を見ていくつか気づいたこと。
ノルウェーのヤコブセンはたぶん本物。ヨケルソイを継げる奴がようやく現れた、と思う。
次に、マリシュ・アマンの復活もかなり信憑性が高い。アマンの飛び方は台を選ぶけれども、それを志向したとんがった方向性を出している。コンスタントに飛ぶのではなく、どこかで勝つことを目指しているように見える。特殊なインスブルックのような台で勝つつもりなんじゃないか。
あと、驚いたのはロイツルの高さだ。相当にトレーニングを積んで、アスリートジャンパーに脱皮しようとしている様子が伺える。高さではヘルバルトに近づき、しかもロスが少ない。この調子をシーズンを通して維持できるかどうか。それが彼のもう一つの課題なのだが。

とにかく次の週までに冬らしい気候になってほしいものである。

|

« シーズン開幕 | Main | 世代交代の大波を受け止めるアルトマイスターたち リレハンメル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/12829849

Listed below are links to weblogs that reference 雑感雑感:

« シーズン開幕 | Main | 世代交代の大波を受け止めるアルトマイスターたち リレハンメル »