« エール | Main | 凱旋門賞を考察してみる »

October 02, 2006

思いのたけ

大一番を待つロンシャン競馬場のターフビジョンに映し出された

馬番1 単1.1倍

のオッズにどよめきが起こった。
日本人は馬鹿だ、クレージーだ、と、競馬をギャンブルとして捉えている人はそう言うだろう。
しかし、この数字は“競馬はギャンブルを超えたものがある”という、日本からの強烈なメッセージであった。

ブーローニュの森に集った日本人の総数は明らかではないが、数の上から言えば全体の10分の1ぐらいだったと思う。しかし、その歓声は競馬場を完全に支配した。日本の競馬場のタイミングでもっとも大きな歓声が起こった。ホームを作ったのである。

“行け!”

直線に入って武豊がアクションを起した時、心から叫んだ。すべてを忘れた。

結果は残念だった。
でも、日本競馬が負けたという感覚は、ない。
素晴らしかった。

|

« エール | Main | 凱旋門賞を考察してみる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/12124240

Listed below are links to weblogs that reference 思いのたけ:

« エール | Main | 凱旋門賞を考察してみる »