« ダービーに向けて | Main | ライヴと再生音楽 »

July 24, 2006

Schiaparelli、Samumの再現を果たす

雨らしい雨が降らないまま、ダービーの日を迎えたハンブルク(今日はちょっとパラッと降ったようにテレビでは見えたが、どうだったのだろう)。3週遅れ、猛暑、良馬場という異例尽くしのダービーを制したのはSchiaparelliだった。

スタート直後、RöttgenのペースメーカーDiariusが押して押して前に行った。内枠のSaddexはスタートを決めて好位につく。外枠発走の有力各馬だが、大外Lauroは気合をつけて前へ(そして、掛かった)、Aspectusはテンが速いから自然と外の好位へ、Schiaparelliは押さえ気味に控える。Oriental TigerやDickensは後方から一発を狙う。ここでの位置取りが最終的には勝負を決めた。

Diariusは実力的にそのペースを続けることはできない。向こう上面に入るころには自然と流れは落ち着き、2番手のPrince Floriが前に出始める。後方の各馬が自然と上位グループに追いつき馬群は固まった。このあたりからSchiaparelliがすこしづつ前に進出。

3コーナー手前から再度ペースアップ。Lauroが積極的に前へ、Saddex、Schiaparelliがそれを見る形で続き、Aspectusは内のちょっと窮屈なところへ。外から猛然と捲っていったのは・・・もう一つのRöttgenの勝負服、Dickensだ!

直線に入ってLauroはいっぱいに追われ一瞬先頭に立つが、伸びない!内をすくったSaddex、中のSchiaparelli、そして外から捲ってきたDickensの勝負に。しぶといSaddex、Dickensを振り切ってSchiaparelliが栄光のゴールへ。Dickens2着。後方から最後伸びてきたOriental Tigerが最後力尽きたSaddexを捕らえて3着。好位から頑張りとおしたDark Dancerが5着。Aspectusは6着、Lauroは7着、Quelle Amoreは8着に終わった。

レースのポイントはペースにあったと思う。

Diariusの作ったペースは平均ペースではなく、テンが速過ぎ途中緩んで最後また上がるというものだった。これがAspectusに向けて意図的に作ったものなのか、はたまたDiariusの実力が足らなかったからなのかわからないが、結果として先手を取りに行った馬にとっては出入りの激しいレースとなり、後ろからじっくり行った馬にとっては楽だった。一番後ろから行ったDickensが2着、後方2番手のOriental Tiger3着という結果がそれを示している。

SchiaparelliはStarkeが周りのペースに惑わされずゆっくりと進出させ、スムースなレース運びであった。一方、Lauroは初めに気合をつけて行ったら引っかかり、乱ペースに巻き込まれて、その上で最後も早仕掛け。それで消耗してしまったと思う。ヨーイドンでは勝てないという意識が強すぎたか。引っかかったのは何か体調面の問題もあったのかもしれない。Aspectusは勝負どころで少し動けない状況もあったが、突き抜ける脚があれば問題ないレベルの不利だったと思う。ピークが過ぎてしまっていた感じがした。前に行った馬の中ではSaddexが良く頑張ったと思う。勝負どころで一瞬仕掛けを遅らせたのも良かったのだろう。もしSchiaparelliが兄の背を追って世界に羽ばたくとしたら、国内はこの馬の独壇場になるかもしれない。

あと、RöttgenはAspectusではなくDickensで一発狙っていたんだろうな。Demuroを呼んでDiariusをペースメーカーに残した時点でそう気づくべきだった。それに気づいていれば3連単4000倍は取れない馬券ではなかった。Dr. Buschの時点でOriental Tigerについて「この手の馬がダービーにおいて2,3着に来る」という、恐ろしい予言をしているのだし・・・・。

個人的にはこのレースの内容は、馬のレベルを考えると不満が残った。もうちょっと平均ペースの力勝負が見たかったなぁ。タイムも遅かった。私がハンディキャッパーなら、SchiaparelliのGAGは98.5Kgというところだ。世代レベルを買いかぶっていたかどうかは、彼らの今後の成績が示してくれるだろう。

|

« ダービーに向けて | Main | ライヴと再生音楽 »

Comments

以前、コメントした者です。
ドイツではすでにダービーが終わり、一段落といった感じでしょうか?
ところで、ぶしつけな質問なのですが、予定が大幅に早まり、8月10日よりドイツに入る予定なのですが、海外競馬関連のHPを見たら、8月にハンブルグ競馬場での開催がないようなのです。もしないようだと、ドイツ国内の別の地に移動するつもりなのですが、8月のハンブルグ開催はないのでしょうか?
唐突にこんな初歩的な質問で呆れてしまうかと思いますが、何卒アドバイスをよろしくお願いいたします。

Posted by: タカアキ | August 01, 2006 at 09:26 AM

どうも書き込みありがとうございます。
質問の件ですが、例年、ハンブルクでの開催はダービーの日が最後になります。
8月は13日にケルンでRheinland-Pokalが行われます。また、下旬になるとバーデンの秋開催が始まります。詳細はこちらを参照なさってください。
http://www.galopp-sport.de/dvrWebApp/htdocs/aktive/nonsecure/renndaten/renntermineChronologisch.jsp

Posted by: Dr. K.S. | August 02, 2006 at 05:03 AM

返信ありがとうございます。
ハンブルグ開催は、8月ないのですね。残念です。
少々旅の日程の関係で、ドイツ入りが遅れる上に、宿がどうしても取れない感じで、もしかしたらドイツ競馬を生観戦することができないかもしれなくなりました。うーむ、無念。
もし見れなかった際は、御blogでドイツ競馬の息吹を感じさせていただきたいと思います。
初歩的な質問に丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。教えていただいたURLも参考にさせていただきます。

Posted by: タカアキ | August 02, 2006 at 10:54 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/11078753

Listed below are links to weblogs that reference Schiaparelli、Samumの再現を果たす:

« ダービーに向けて | Main | ライヴと再生音楽 »