« シーズンスタート、だが | Main | 勝負の妙 »

April 14, 2006

Soldier敗れる - Grosser Preis der Bremer Wirtschaft (GIII)

Bremenで今季初重賞となるGrosser Preis der Bremer Wirtschaftが行われた。注目は今年も現役のSoldier Hollowがどのような形でスタートを切るか、ということだった。

いつものことだが、春先のBremenの馬場は一筋縄ではいかないようだった。初めの方こそ馬達は内の方を走っていたが、途中で外側が異様に伸びることがわかり、4レース以降は向こう上面もホームストレートもみんな外へ一直線。前に行けなければ直線でいいコースを通れないということなので、スタートから前がかりの競馬となる。馬場が悪い上に位置取りが勝負を決めるとあって、差し馬はお手上げという状況だった。

メンバーを考えればSoldierが負けるはずのないレースだったが、結果は5着。スタートでちょっと出負けしたが、これはいつものこと。向こう上面で位置取りを上げ、直線では先頭、おお、Mongilやるやんと思ったのだけど、最後はHollandの駆るBirkspielとの追い比べに負け、そのままズルズルと後続に飲み込まれてしまった。

切れ味で勝負するSoldierにとって、今日の馬場、流れはちょっと無理があったかなぁ。彼はあまり長くいい脚を使えないタイプだ。良馬場での上がり勝負ではGI級だが、逆に取りこぼしも多い。今日は位置を取るためになし崩しに脚を使ってしまい、最後は止まってしまったということだろう。結果論だが、なんでここを走らせたのかなぁ、と思ってしまった。

1レースの3歳未勝利でLandoの一族のLauroが楽勝。実は、見逃した!着差11-21-28-24-23(馬身)ってどういうことやろう。気になる。

|

« シーズンスタート、だが | Main | 勝負の妙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/9596652

Listed below are links to weblogs that reference Soldier敗れる - Grosser Preis der Bremer Wirtschaft (GIII):

« シーズンスタート、だが | Main | 勝負の妙 »