« Soldier敗れる - Grosser Preis der Bremer Wirtschaft (GIII) | Main | Aspectusが名乗りを上げる »

April 18, 2006

勝負の妙

久しぶりに競馬場に参戦した。冷たい雨が断続的に降りかなり寒かったけど、とても楽しかった。やっぱり競馬場での勝負は違う。

結果はトントン。それはそれで素晴らしい結果だと思うけど、運の流れから言えばもっと勝ってしかるべき日だったなぁ。勝負したレースで大負けし、頭(単勝)を取っているレースでは勝負していなかった。勝てるところでどれだけ行けるかが勝負師のバロメーターだとはよく言うが、この結果はまさに自分の勝負弱さを表しているということになる。うーむ、精進せねば。

誤算は、馬場状態とトラックバイアスを見誤っていたこと。これに尽きる。6.4という極重馬場だったため、それを考慮しなければならないという意識が働き、判断にブレが生じた。結果的にはあんまり関係なかった。ケルンの馬場は極重であっても、ドイツの基準ではそれほど悪くないということだ。いつもが軽すぎるといえる。

また、普段はかなり内枠有利のトラックバイアスを持つケルンだが、昨日は逆だった。内の方が荒れていたため押し込められるとダメ。仮柵が取れた時に改めて内を狙うことにしよう。

レースそのものの印象。メインの3歳牝馬ListenのJean Harzheim-RennenはFantastic Light産駒のTurning Lightが勝ったが、あまりパッとしないレースだった。現時点での完成度で勝ったという感じ。2着のZakopaneの方が奥がありそう。いつもならこのレースはDianaに直結するのだが、今年は違うかも。

1Rの新馬戦にSamum, Salve Reginaの全弟、Schiaparelliが登場した。すごい大型馬だが、まだ身が入っていない印象。レースでは同厩のNestorを先に行かせて番手につき、最後はなんとか抜け出して勝った。Nestorが頑張ったとは言えるが、どうもイマイチの印象が強い。前だけで走っていて、上の2頭のような馬力は感じられなかった。

3Rのマイル新馬戦にはSaldenblattが登場。重賞勝ち馬2頭を出しているSaldeの仔である。Dashing Bladeの上級馬らしい、すらりとした切れのある体つき。透明感のある目には大物のオーラが漂う。レースでもスーッと抜け出して楽勝。うまくいけばオペラ賞あたりまで行くかも。非Northern Dancerのこの馬、社台あたりが買いそうだなぁ

このレースにはWinterköniginの勝ち馬Sommernachtの初仔、Sommertagも出ていた。Sラインに父Tiger Hill、母父MonsunということでSchlenderhanファンにはたまらない自家配合馬だが、まだまだ精神が子供。コーナーで他馬と接触した時に、ほとんど立ち止まるような感じで外にフラフラとよれてしまった。そこから立て直して直線だけで3着に来たのだから力はあるのだが・・・。

最後に8Rの平場戦。このレースは11歳の老雄Up and Awayに、2歳時に重賞を勝っているSorrentとFürstenbergが出るというへんな平場レースだった。グリグリ人気のSorrent(そりゃ、去年のHenkelで1番人気の馬だから・・・)は自分の基準では馬券的に買えないし、Fürstenbergは終わった馬の印象が強いので、どうしたものかと迷っていた。そのうち、ふとUp and Awayが勝つかもしれないし、もし勝ったらとても嬉しいだろうなぁと思い、彼をちょっと買った。そしたら、、馬場の悪い内を力強く抜け出して勝っちまった!だから競馬は面白い。素晴らしい気分をありがとう、Up and Away!

|

« Soldier敗れる - Grosser Preis der Bremer Wirtschaft (GIII) | Main | Aspectusが名乗りを上げる »

Comments

Saldenblattは牝馬だとばかり思っていたが、牡馬でした・・・。
オペラ賞出走はあり得ません(笑)。よほど凄くない限り社台も買いません。

Posted by: Dr. K.S. | April 24, 2006 at 07:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/9663433

Listed below are links to weblogs that reference 勝負の妙:

« Soldier敗れる - Grosser Preis der Bremer Wirtschaft (GIII) | Main | Aspectusが名乗りを上げる »