« 日本、大健闘の6位入賞 | Main | ヤンダ復活、ハッポネン本格化 »

February 25, 2006

戦い終わって

今回のオリンピックは全体としてはいいオリンピックのように思う。実力を試され、”メダル”はその結果得られるものでしかないという、至極まっとうな雰囲気だ。積み重ねてきた力を出せた選手と、それをサポートした周りの人たちを裏切らない戦い。勢いだけの若手をキッチリと押さえ込むベテラン。フリースタイルスキーのような新種目の成熟。そういったものが感じられている。

一方で、”メダル”に異常な執着を燃やす日本の風潮とそれを作る報道には、正直いって閉口している。メダルを取ったら崇め奉り、ダメだったら惨敗の一言で片付けてしまう。メダルに届かなかった選手にも満足感や達成感があるはずなのに、開口一番「すいませんでした」と言わせる雰囲気っておかしいと思う。今は荒川静香がメディアに殺されないことを切に願う。

さて、ジャンプのことだ。

普段、自分が映像そのものから感じたことを素直に書くように心がけ、他の人が書いたものを引用することは極力避けている。主観的な立場を貫くためにはそうするしかない。後々読み返してみれば間違ったことを書いていることもあるけど、一ファンの戯言としてはこの方がいいと思う。正しいかどうかわからない2次情報に左右されて、妙に煽ったような言葉になるのだけは避けたいから。

でも、土屋ホームスキー部の木下監督のブログにおける団体戦後のコメントは非常に衝撃的だったので、これについて少しコメントしたい。

実際に読んでほしいが、中心部分を要約すると、

土屋チームとしては、これ以上ないぐらいに伊東と葛西(と大斗)を仕上げてトリノへ送り出した、という自負があった。しかし、トリノでは惨敗に終わった。この結果は戦前の調子を考えれば満足できるものではない。代表チームの組織的問題が原因となって、選手の力が十分に発揮されないまま終わってしまった

ということである。

彼は、間違いなく、今回の結果に失望し、怒っている。だって、こんなことをブログに書けば物議をかもすのは目に見えている。それでもあえて主張せざるを得なかったのだろう。

選手のコメントを見ても、彼の指摘する問題が伺える。特に若い伊東は土屋で教えられたことと、カリ・ユリアンティラコーチが言うことの齟齬に苦しんだようだ。ラージヒルでの彼の失敗について非常に厳しいことを書いたけど、その失敗の裏にコーチに対する不信感や技術的な迷い・自信喪失があったということであれば、それは周りも含めた問題だ。選手個人だけを責めるのは間違っていたと思う。

個人的にはこう思う。
とにかく、ユリアンティラと各企業チームのコーチが良く話し合って、今後の方向性を打ち出してほしい。大人の喧嘩をして、問題点を洗い出してほしい。妙な感情的な問題に発展してユリアンティラが追い出されるような方向では、真の解決には至らないと思う。代表とクラブの二重構造の問題は、ユリアンティラのような外圧がなければ絶対に解消しないと思うから。お金の流れの根底から覆さなければならないのだから。

幸い、選手はへこたれていない。伊東は将来への責任感を口にしている。頼もしい。ベテランにはユリアンティラを見返してやろうという気概が感じられる。メディアが言うほど、日本ジャンプは沈んではいない。
まだ、WCは続く。

|

« 日本、大健闘の6位入賞 | Main | ヤンダ復活、ハッポネン本格化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/8832048

Listed below are links to weblogs that reference 戦い終わって:

« 日本、大健闘の6位入賞 | Main | ヤンダ復活、ハッポネン本格化 »