« 偶然と必然 | Main | 2人の勝利 »

February 12, 2006

ビストルおめでとう

オリンピック・ノーマルヒルの王者はビストルであった。
私の呪い(大穴指名)を破っての勝利である(笑)。

やはり、風がすべてを決める試合となってしまったなぁ。
1回目の上位5人ぐらいは非常に厳しい条件で飛ばされて軒並み失速。ビストルに金メダルが転がり込んだ。

オリンピックの2回目、メダルがかかっている状態では最高のジャンプをすることは難しい。多かれ少なかれ普通と違うジャンプになる。追い風のノーマルヒルでは、そういうちょっとした失敗が致命的となってしまう。条件が公平ならモルゲンシュターンが勝っていた、と思う。

アホネンの2回目は本当に堅い、ソロ~リとしたジャンプだった。あれじゃメダルを取れないよ・・・。ラストジャンパーのヴァシリエフの方がずっと堂々としたジャンプだった。着地が乱れて10位まで落ちたけど、彼の健闘には拍手を送りたい。銀メダルに輝いたハウタマキ、飛型勝負で敗れたが好調は維持している。ラージはモルゲンシュターンとの一騎打ちだろう。

で・・・日本勢は・・・残念な結果に終わった。
伊東は2本ともいいジャンプだった。少なくとも力は出した。ラージにこのいい流れを持っていってほしい。

しかし・・・岡部はどうしてしまったんだろう。1回目は間違いなく大失敗ジャンプ。原田の世紀の失敗ジャンプと同じぐらいタイミングが早かった。力んだ、にしてもあんな失敗をした岡部を見たことがない。2回目はもう力が残っていないようなジャンプだった。何か、どこか悪いようなジャンプ・・・アプローチ姿勢を完全に取れていないような感じがした。飛び出し速度が異常に遅い。心配だ。

葛西の1回目はジャンプは良かったが条件が悪くて伸びなかった。しかし・・・2回目は・・・。普通に飛んで欲しかった。

何か、悪い流れが日本チームに漂っている。誰か、この流れを断ち切ってくれ!他競技でもいいから!

|

« 偶然と必然 | Main | 2人の勝利 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/8635448

Listed below are links to weblogs that reference ビストルおめでとう:

« 偶然と必然 | Main | 2人の勝利 »