« 復活 ×2 | Main | カミカゼジャンパー »

November 27, 2005

いろいろ雑感

今日はいろいろと書きたいことがあったので、カテゴリごちゃ混ぜ。

まず、競馬のジャパンカップ。佐藤哲三がやってくれて、伝説のレコードがとうとう更新された。ゼンノロブロイとデサーモは勝ちに行って破れ、橋口厩舎の2着づけはルメールでも維持され、勝ったのはやっぱり外国人騎手だった。いいJCだったと思う。あと、ディープインパクトの回避は賢明だったのかもしれない。勝ったかもしれないが、それはすなわち22秒の壁を破るということだから、そのツケは大きかっただろう。

ジャンプ関係では、もうひとつ、復活があった。複合でマリオ・シュテヒャーがなんと8期振りの優勝を果たした。拍手!ジャンプでトップの大斗は攻めて13位。厳しいレースをしないと、体は目覚めない。これは後に生きるはずだ。がんばれ。

最後に、音楽のこと。
夕食後にテレビをザッピングしていたら、パッとピアノの音が飛び込んできた。
ザッピングを止めさせる音。
若い、細いピアニストがショパンのピアノ協奏曲第一番を弾いている。
誰やねん、こいつ、でも・・・こいつは・・・凄い!信じられない音だ。テレビ放送の音なのに!
それに、彼の儚げなフィギュアと、その指から弾き出される、透明で浸透力のある音が絶妙にハマッていて、言いようのない魅力を放っている。決して強い音ではないのに、音のエッジが立っていて、一つ一つの音が主張する。あぁ、天分を受けた人はこういう人なのか、と思った。

調べた。たった今見たものは、今年のショパンコンクール、第一位Rafal Blechacz(ブレハッチ)の受賞記念コンサートだった。ポーランドに出た、何十年に一度の天才。シュピルマン・ツィマーマンを継ぐもの。弱冠20歳。
その音に出会えた偶然に感謝したい。

|

« 復活 ×2 | Main | カミカゼジャンパー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/7356571

Listed below are links to weblogs that reference いろいろ雑感:

« 復活 ×2 | Main | カミカゼジャンパー »