« さぁ、買うぞ(2) 二転三転 | Main | スピーカープロジェクト1の1 コンセプト »

October 07, 2005

さぁ、買うぞ(3)とうとう発注

プリアウトの存在を基準に再調査してみると、値段の安いエントリー機ではプリアウトが実装されていないモデルが多いことに気づいた。コスト削減のためだろう。

その中でマランツはエントリー機SR4500であってもちゃんとプリアウトはあるし、入出力端子に不足はない。やっぱりちゃんとしてるなと思いつつも、この期に及んでまだ値段がなぁと思い二の足を踏んでいた。また、発売から1年がたちそろそろ新しいのが出るのではないかという期待もあった。そして、つい先日、新製品のSR4600がラインナップに追加された(まだ日本では未発表?)。しかし、それは新しいフォーマットに対応しただけのマイナーチェンジであった。自分にとってはまったく必要がないアップデートである。というわけでプレーヤーのDV6600だけでなくSR4600も期待はずれだったわけである。
(注・日本向けのマランツAVアンプはチューナーを搭載していないので、型番がPSとなる)

しかし、新製品の登場は旧型の値段に大きく影響することを忘れていた。
自作スピーカーに使うユニットの選定のためにHifisoundのホームページを訪れたら、
!Angebote!
の文字が目に入った。
なんとDV6500とSR4500の両方が投げ売りになっていたのである!特にDV6500の値段は今まで見た最安値より100ユーロも安かった。衝動的に買い物かごに入れてしまった・・・めぐりめぐって、結局一番初めに直感的に思ったものを買うことになったのである。結局そういうものなのだろう。

これでもう後戻りはできない(笑)。

|

« さぁ、買うぞ(2) 二転三転 | Main | スピーカープロジェクト1の1 コンセプト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/6301883

Listed below are links to weblogs that reference さぁ、買うぞ(3)とうとう発注:

« さぁ、買うぞ(2) 二転三転 | Main | スピーカープロジェクト1の1 コンセプト »