« オーディオ | Main | PCでHigh difinition音楽生活 »

August 12, 2005

ラインラント杯

Rheinland-Pokal der Sparkasse KönBonnというレース名はなかなか良い。地元のいいスポンサーもついて安泰に写る。もうちょっと賞金増額して、バーデン大賞、オイロパ賞とシリーズレースにでもすればいいんじゃないかな(あれ、ドイツ賞は・・?)。ジャーマン・チャンピオン・シリーズとか言って。凱旋門に行けない馬の受け皿になるだろう。ほんのちょっと無理できるのは、もうケルンぐらいなんだから。

さて、BandariとDarsalamというなかなか骨のある馬が遠征してくる。BandariにはGIのタイトルが欲しいというあからさまな勝負気配が感じられる。彼が戦ってきたメンバーを考えれば、ここは無視するわけにはいかないだろう。厩舎もドイツでの実績がある。問題は良績が良馬場に集中していること。今週のヨーロッパは荒天で(ヘルシンキの世界選手権を見ている人はわかると思う)、ケルンでも毎日のように雨が降っている。水はけのいい馬場とはいえ、さすがに今回は重馬場だろう。

Darsalamはスタミナ重戦車タイプで重馬場の消耗戦は望むところ。彼がいいペースを作ってくれると信じている。Hellierとも手が合う。Silent Windが平場戦に逃げたのは、この馬との潰しあいを嫌ったということだと思う。

迎え撃つドイツ勢、まずは古馬。
ドイツ賞3着のSimonasはSternkönig産駒で基本的に重馬場はマイナスだと思うが、スタミナやパワーの裏づけはあるので消耗戦になっても大丈夫という気がする。押さえるべきだろう。また、Malinasは重馬場大歓迎、Darasalamが飛ばしてくれたらなおのこと良い。3走目で走りごろ。Expensive Dreamは戦績からGIでは苦しいように見えるが、実はそれほど差があるわけではない。おそらくダントツ最低人気になると思うが、入着の可能性があると思う。もう一頭のSenexはよほど天気がよくならない限り回避するだろう。

そして、3歳勢。ダービー馬Nicaronはここが試金石だ。重馬場で5.5Kgもらって勝負にならなければ、近年最低の97Kgのダービーレートが正しかったことになってしまう。Königstigerは2400の消耗戦は辛いと思われるが・・・。ダービーの後は休ませると言っていたのに出てくるということは、逆に調子がいいということかもしれない。いずれの場合もダービーでいったんピークに仕上げただけに、その反動がないかを見極める必要があるだろう。

◎ Darsalam
○ Nicaron
▲ Malinas
△ Simonas
× Expensive Dream

Bandariを押さえるかどうか・・たぶんかなり人気になると思うので嫌いたいんだが・・・
英国馬ってパドックで見たらクラッときて頭においてしまう可能性もあるんだな~(爆)。
全馬実力差があまりないと思うので、大穴狙いのほうがいいと思う。本命対抗は騎手で選んだという感じ。

|

« オーディオ | Main | PCでHigh difinition音楽生活 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/5444447

Listed below are links to weblogs that reference ラインラント杯:

« オーディオ | Main | PCでHigh difinition音楽生活 »