« ハンブルクの馬場 | Main | Paitaは③着がお好き »

June 12, 2005

170. Oppenheim-Union-Rennen

今週末はUnion-Rennenだ。
ダービートライアルに成り下がっているこのレースだが、今もノルトライン地方最高峰の3歳限定レースであることに変わりはない。今年も結構いいメンバーが集まった。

中心は3頭出しシールゲン厩舎の看板馬、Königstigerということになる。かなり危なかったが休み明けの前走GIIIを勝ち、とりあえずGI馬の面目は保った。ダービーに向けて、ここも落とせない1戦となる。鞍上にはシュレンダーハンの主戦騎手、A.Suboricsが帰って来た。あの日本での大怪我から5ヶ月、快気祝いとなるか。ペースメーカーSilent Windまで仕立てて勝負気配だが、この馬は結構渋いところのある馬で(つまり、ペースメーカーとしては強すぎる)、またKönigstigerは器用なほうではないと思われるだけに、下手に引っ張りすぎれば他の馬を助けることになりそうな気がする。

対抗となるのは同厩のBernardか、シュッツ厩舎最後の望みLe Kingかというところだが、NicaronやCatch Meといったあたりも結構骨っぽい相手に叩き上げてきただけに侮れないと思う。Catch Meが前走で下したNight Tangoは今日、ドレスデンでトライアルを勝った。

個人的にはLe Kingを応援したい。Starkeの調子は戻っているが、シュッツ厩舎の調子は一向に良化の兆しがなく、ここでLe Kingが大負けするようなら、とうとう本当にダービーに出せる馬がいなくなってしまう。やっぱり、シュッツの馬が1頭ぐらいは勝負気配を持ってダービーに乗り込んでくれなければ、面白くない。ヒールは強くなければならないのだ。

|

« ハンブルクの馬場 | Main | Paitaは③着がお好き »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/4518335

Listed below are links to weblogs that reference 170. Oppenheim-Union-Rennen :

« ハンブルクの馬場 | Main | Paitaは③着がお好き »