« いきなりハードルを下げる | Main | 冬シーズン開幕 »

November 18, 2004

天皇賞開放に思うこと

来年から天皇賞を含め36レースが国際競走になることが発表された。異論はあることだとは思うが、基本的には賛成である。天皇賞の格を保つためにも必要なことだろう。春の天皇賞は、おそらく世界最高賞金の国際長距離レースとなる。賞金を求めて欧州のコテコテのステヤーが参戦してくれば面白くなることは間違いない。

ま、でも、たぶん大勢に影響はないんじゃないかなぁ。特に秋天はブリーダーズカップと同一週だし、2週前にチャンピオンステークスがある。後の香港との間隔も微妙に長い。これでは、それらのレースで入着できない、一流半の馬しか参戦してこないだろう。1、2週後ろにずらして、チャンピオンステークスと香港のど真ん中にし、招待レース化すればいい馬が来る可能性があるのだが・・・。なんだかんだ言っても天皇は欧州でもネームバリューあるしね(笑)。

|

« いきなりハードルを下げる | Main | 冬シーズン開幕 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64278/2003084

Listed below are links to weblogs that reference 天皇賞開放に思うこと:

« いきなりハードルを下げる | Main | 冬シーズン開幕 »